雪止め取付け 雨樋交換


春先。

そして冬前ですね。

よくこのようなリフォーム工事の依頼がきます。

屋根の形状でよく見かける

の部分です。

今回のお客様は、この 谷 の部分から雪が固まってきて落ちてしまう。とのご相談でした。

谷は雨漏りの原因のトッブクラスの部位です。

雨や雪の負担が一番かかるポイントなのですね。

なので、他の雪止め等で止めていた雪が太陽に照らせれ固まり、その氷の塊が谷の部位から落ちてしまうんですねー

この下は駐車場になっており、氷の塊が落ちてきたら車が壊れてしまう。。。

そんなご相談でしたので、考えまして、このような施工になりました。

まず、谷の部位部分に雪止めを追加しました。

これにより、落雪のリスクを回避します。

だが、それだけでは問題は完全には解決されません。

ですので 有限会社 盛岡原田さん の亜鉛メッキでできている

スノーキング

と言う商品の雪止めネットを取付けました。

谷部分ですので、軒先には相当量の雪からの負荷が考えられましたので、更に頑丈に固定しました。

これで、来季の冬は落雪の心配から解き放たれます。

他にも、雨樋の故障の修繕修理を頼まれました。

右側のお宅のお客様です。

よく見ると軒樋の奥側は完全に破損していて、落ちてしまっていました。

壊れていない場所はそのままで、壊れている箇所だけの修理の依頼でした。

軒天も水が侵入した形跡が多々あり、不安に駆られる住宅ではありました。

家をぐるりと回りましたが、築20年近い家で、全体の雨樋も寿命が近かったですが

一人息子が高校受験に受かり、これからお金がたくさんかかるのでこの場所だけ!

という依頼でしたので、お客様の心情もお伺いして、この箇所の雨樋を取付けました。

綺麗に接続して、お客様の依頼には添えたのですが、我々も屋根屋の端くれ。

このまま放っておいては、また別の箇所の雨樋が落ちてしまします。

ですので、他の不安定な箇所も、サービスで補強してあげました。

物はついでで、家全体の雨樋の不安箇所も補強してあげました。

トラックに積んであった雪止め金具も、不安が強い部分に付け、補強しました。

施主さんからは、

ありがとう!本当に助かるわ!

と何回も温かいお言葉をいただきましたが、この笑顔が我々のパワーの源です。

せっかく建てた夢のマイホーム。

いつまでも大事に住んでいただきたいですしね。

我々はどんな細かい仕事でも、お客様の笑顔のためにお客様の気持ちになって仕事に取り組みます。

一緒にこの岩手の地で笑顔で居たい屋根屋でございます。

小さいことでも一度ぜひ、ご相談ください。


​➢➢➢

瀧澤屋根工業

〒020−0832 岩手県盛岡市東見前9地割10

TAKISAWA ROOF WORKS

9-10 Higashimirumae, Morioka City,Iwate,Japan

TEL 019-656-8345

FAX 019-656-8346

works@takisawaroof.com

​https://www.takisawaroof.com

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram
​2012-2020   TAKISAWA ROOF WORKS.
ALL RIGHTS RESERVED.