吊子式立平葺き🔨


今日は、紫波町の現場で部分吊子式立平455の工事をしてきました!!

ニスクカラーSGLのシルバーメタリック

立平を留める釘は、スクリュー釘の50ミリ“♯10(3.40mm)”を使用しています。

胴部分に、ネジ上の溝が切られている釘です。打ち込むときにねじれながら入り込むため、木材との固定力が強くなります。鉄丸釘は錆びることで木材との固定力が増しますが、ステンレスは錆びにくいため、スクリューを刻むことによって抜けにくく、固定力を強めています。スクリュー釘にステンレスや真鍮など錆びにくい素材が多いのはそのためです。保持力が大変強いので、パレットや梱包材などにも使われます。