top of page

地元密着型工事店による盛岡市の雨どい修理事例:リーズナブルで根本からの解決策

岩手県盛岡市で地元密着型の屋根リフォーム工事店を営む私たちは、長年にわたり地域の皆様の大切なお住まいのメンテナンスをサポートしてきました。特に雨どいの修理は、建物を雨水から守る重要な役割を担っているため、細心の注意を払って作業を行います。

今回ご紹介するのは、盛岡市にお住まいのお客様の家で発生した雨どいのトラブルの修理事例です。雨どいからポタポタと水漏れして、寝ていると水が落ちる音が気になってしまうので、直したいとのご依頼でした。雨どいの問題は、水が落ちる音の問題だけではなく、放置すると建物自体に深刻なダメージを与える可能性があります。この事例では、パナソニックのロングセラー商品「PC50」を使用し、部分的な交換を行うことで、リーズナブルに問題を根本から解決しました。

雨どい修理のプロフェッショナルとして、私たちはお客様に最適な解決策をご提案し、快適で安心な住環境の維持をお手伝いします。


  目次



施工前の状況

軒といに穴が空いていて、ポタポタと水が垂れている状況です。                           

施工後の状況 

軒といを部分的に交換して、水漏れを直しました。




軒といに穴が空いている原因

雨どいの水漏れ

軒といのドレン部分の左側が、劣化して塗膜が剥がれてしまっています。


この軒といは、パナソニック(旧ナショナル)さんのPC50という商品で、盛岡市で昔からよく使われているロングセラーの角樋です。「アイアン」という材質で、塩化ビニル樹脂の中にスチール芯が入っている、高強度な雨樋です。

「アイアン」について↓


しかし、ドレン部分は現場でカットしているので、カットした木口から徐々にサビて腐食してきたようです。腐食して、穴が空いてしまいポタポタと水が流れていました。


また、出隅の役物も一度手直しした跡がありました。

コーキングで手直しされています。過去にここからも水が垂れていたようです。

雨どいの水漏れ

以上のことから、軒といPC50を交換する必要があります。




雨どい修理内容

壊れている部分だけを修理します。

黄色い矢印から黄色い矢印の部分3mだけを切って交換しました。

雨どいの修理

ドレン部分はたてといとつながっているので、たてといも部分的に交換が必要です。

ピンクの矢印の部分だけを交換しました。

作業は半日程度は終わりました。


雨どいの修理内容

軒といの修理3m、出隅役物1ヶ所、軒継手2ヶ所

たてといの修理2m エルボ2ヶ所、たて継手2ヶ所

ドレンの交換1ヶ所



関連する雨どいの修理事例⇩




雨どいの修理費用

今回の雨どいの修理費用は

35,000円(税別)でした。


下屋根に立ったまま作業することができたので、作業が容易にできましたので安価になりました。これが、下屋根がない状況で2連ハシゴを使って修理するとなると、60,000円はかかります。現場状況や雨どいの種類によって異なりますので、目安としてお考えください。

雨どいの修理




パナソニック雨どいについて

今回の雨どいは、パナソニックのPC50という商品でした。


PC50について↓

雨どいPC50

パナソニックさんの雨どいは、大手ハウスメーカーさんにも採用されている信頼できる製品です。雨どいの種類が豊富で、住宅のスタイルや、屋根の大きさによって選ぶことができます。先ほど書きましたように「アイアン」と呼ばれる、塩化ビニル樹脂の中にスチール芯が入っていることで、夏の炎天下でも変形しにくく、雪による被害にも強く、瓦の落下などによる衝撃にも強く、紫外線よる褪色変色がしにくい、優れたボディとなっています。



パナソニック雨どい商品ラインナップ↓


パナソニック雨どい

パナソニック雨どい



設計者が軒先設計したくなるような雨といArchi-spec TOI

アーキスペックトイ

パナソニックさんの雨どいの中で、見た目がおしゃれな商品と言えば

アーキスペックトイがあります。

・美しい屋根、美しい軒先。

・設計者が軒先設計したくなるような雨といを目指しました。


フッ素樹脂塗装のガルバリウム鋼板製の雨どいで、先ほどの「アイアン」とは異なります。


アーキスペックトイ

スタイリッシュな見た目が、普通の雨どいではつまらないという方におすすめの雨どいです。アーキスペックトイで、一味変わった外観を手に入れましょう。




よくある質問

雨どい修理でよくある質問をまとめました。


Q1: 雨樋修理の見積もりは無料ですか?

A1: はい、私たちは無料で見積りを提供しています。お客様のニーズを正確に理解するために、現地調査を行い、最適な修理プランをご提案します。​


Q2: 雨樋から水がだらだらと落ちている。修理できますか?

A2: もちろんです。雪が屋根から滑りおちてきて、軒といが押されたのだと思います。部分的に交換できると思われます。落雪による雨樋の破損は、火災保険が適応になるかもしれません​。現地調査の上、説明させて頂きます。​


Q3: 修理にどのくらいの時間がかかりますか?

A3: 修理時間は、雨樋の状態や修理の範囲によって異なりますが、通常は1日から3日で完了します。現地調査後、より正確な時間の見積りを提供いたします。​


Q4: 以前も雨樋を直したのですがまた壊れた。壊れないようにできますか?

A4: はい、私たちは雨樋修理のプロです。壊れないように適切な修理方法を提案させて頂きます。

Q5: たてのパイプが壊れていますが、部分的に直せますか?

A5: はい、たてのパイプは竪といだと思われます。竪といの部分交換も可能です。​凍って破裂していることが多いのですが、1本だけの交換も可能です。

 

Q6:雨樋の修理で足場は必要ですか?

A6:はい、足場は必要になります。ただし、1階屋根の雨樋部分ですと脚立を立てて作業できますので、不要になります。また、3mだけの雨樋を修理したなど、短時間で終わりそうな場合は、足場なしでも施工できます。現地調査の上、お見積りします。



雨どい修理事例まとめ

今回紹介し雨どいの修理事例では、長年地域で愛されてきたパナソニックの雨どいを用いて、雨どいの部分交換を行いました。この事例は、軒といのドレン部分に生じた穴から水漏れが発生し、お客様の快適な生活に支障をきたしていたものです。しかし、私たちの迅速かつ的確な対応により、半日という短時間で修理を完了し、水漏れ問題を根本から解決しました。

修理費用についても、作業の簡素化が可能な状況を考慮し、お客様にとって最も経済的な選択をご提案しました。結果として、35,000円(税別)というリーズナブルな費用で、雨どいの問題を解決することができました。私たちの目指すのは、ただ単に雨どいを修理することだけではありません。お客様が安心して生活できる環境を提供し、そのために最適な解決策を提案することです。

また、この事例を通じて、パナソニック製雨どいの品質と多様性、さらにはアーキスペックトイのようなスタイリッシュなデザインにも触れました。これらの製品は、私たちの技術と組み合わさることで、お客様の住まいをより快適で、より美しいものに変える力を持っています。

最後に、雨どい修理に関するよくある質問への回答を通じて、私たちはお客様とのコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築いていくことの重要性を再認識しました。どんな小さな疑問や不安にも、プロフェッショナルとして誠実に応えること。それが私たちの使命です。

盛岡市近郊での雨どい修理をご検討の際は、地元密着型の信頼できるプロフェッショナルにお任せください。私たちはこれからも、お客様の大切な住まいを守り続けるために、最高のサービスを提供し続けます。


お見積り・ご相談は無料です。





施工エリアは、岩手県全域です。

盛岡市・滝沢市・雫石町・岩手町・矢巾町・紫波町・花巻市・北上市・奥州市など内陸エリアをメインとしております。



 

瀧澤屋根工業について


瀧澤屋根工業(タキサワヤネコウギョウ)はお客様のビジョンを具現化し、理想を超える屋根を創造します。

【代表からのメッセージ】 私、瀧澤 豊(Yutaka Takisawa)、岩手県遠野市の自然豊かな環境で育ち、現在は盛岡市にて瀧澤屋根工業を率いています。盛岡市の瓦屋での7年間の研鑽を経て、2012年に当社を立ち上げました。私の屋根への深い愛情は、盛岡市内であらゆる屋根材に精通することに表れています。

2018年の最新設備投資により、私たちは技術的な精度と創造的な可能性をさらに高めました。インターネットを通じた情報共有にも力を入れており、業界内でのリーダーシップを発揮しています。

このホームページは、私の手によってイチから作り上げています。動画制作からSNSへの投稿に至るまで、私の仕事に対する情熱とプロフェッショナリズムが反映されています。

【安全と安心の約束】 私たちは損害保険に加入しており、万が一の事態にも迅速かつ適切に対応します。お客様には、安心して屋根工事をお任せいただけるよう、最善を尽くしています。


瀧澤屋根工業は、皆様の屋根に新たな命を吹き込むことを約束します。屋根に関するご相談やご質問がございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。私たちは、皆様の夢を具現化するために、全力でサポートします。


瀧澤屋根工業

Σχόλια


bottom of page